flow

スパッソ+では、企画・制作・デザイン・Webサイト制作/構築から印刷まで、 トータルでお引き受け致します。
もちろん制作・デザインのみ、企画のみ、場合によっては印刷のみでもOKです。

C.I./ロゴデザインやセールスプロモーションツール、 名刺・会社案内・パンフレット・フリーペーパー・チラシ・フライヤー・ Webサイト作成など、幅広く取り扱っております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

下記に簡単な仕事の流れを記載しますのでご参考にして下さい。



①ご依頼・打合せ(制作目的をお聞かせ下さい)

この段階が一番大切です。ここでしっかり確認し合わないと 後の作業に大きく影響し、場合によってはお見積もり時よりも ご予算がかさんでしまいます。
まずは制作したいものと制作目的をお聞かせください。
訴求相手は?、訴求方法、時期など、目的をできるだけ明確にしていきます。

ご依頼の時点でお客さまが具体的に考えていなかったとしてもご安心下さい。
話合っているうちに明確なビジョンが生まれることも多々あります。
ビジョンが生まれると迷うことなく訴求内容が見えてきて、デザインや構成も 明確になってきます。

また、お客さまの好みの色や好きなデザイン、カッコイイと思うものや かわいいと思うものなどもお聞かせください。
時にはこんな風にしたいというハッキリとしたモノをご提示して頂く場合もございます。
Webサイトの場合でも紙媒体の場合でも目的があれば訴求の仕方に違いは ほとんどありません。あとはデザイン、構成を含めた見せ方を詰めていくだけです。

この段階での重要な要素は目的と訴求対象の絞り込みです。

この時点で大まかな制作スケジュールも決めます。


②素材データや原稿等の準備

スケジュールに沿って、打合せ時に分かった範囲内で必要な原稿・素材データを 揃えていきます。
お客さまにご用意して頂くもの、こちらでご用意できるものを割り出します。
ラフ案制作前に写真撮影が必要と分かっている場合などは、この段階で撮影手配をします。

この段階で原稿をご用意して頂きます。
ラフ案時にご用意して頂きたい原稿をご提案するという事でも問題ありません。
必要な場合は取材を行ったり、こちらで原稿を作ります。
その辺りはご予算によって変わってきます。


③ラフ案考察(or お見積もり)

打合せでの内容を具体的にビジュアル化していきます。
打合せ時の話の詰め具合にもよりますが大抵の場合はカラーも含めた ある程度具体的なラフ案をご提案致します。
綿密に作り込む前に大まかなレイアウトや方向性の確認だけの 場合もございます。
この段階で、素材写真の撮影が必要か、写真のリースを使用するか、 お客さまの方でご用意していただくかなどが明確になってきます。
ロイヤリティフリーの写真素材をこちらでご用意できる場合もございます。

印刷の加工なども含めた案もご提案致し、この段階である程度どのような形態で リリースするか絞り込むことが可能です。(後ほど決めても問題ございません)

制作スケジュールがより具体的に明確化します。
(場合によってはお見積もりしてGOサインが出てからラフ案作成となります。)


④デザイン・制作

ラフ案よりもより細かく作り込んで行く作業になります。

紙媒体、Webサイトに限らず、第一印象は重要です。
色使いやレイアウト、すっきり整理された情報、ほんの一瞬でエンドユーザーを 引き込むことが出来るか離れていくかが決まってしまいます。
まずは訴求対象を絞り込み、ユーザが好むカラーやデザインを割り出し、 詰め込みすぎず整理された情報で構成していきます。

デザインとは機能しなければ意味がありません。
カッコイイものやかわいいものを創ることがデザインではなく、 目的に沿ったものでエンドユーザーを惹き付けなければ意味がありません。
少しの装飾(後押しを)するぐらいの気持ちで臨むぐらいがやり過ぎず 最適なデザインに仕上がるのではないでしょうか。

スパッソ+では他社とはひと味違った仕上がりをご提供します。



⑤確認・校正

デザイン確認、原稿の文字などに間違いがないか校正して頂きます。
ご要望があれば簡易校正や本紙校正(本印刷並のクオリティで出力し確認。
実際の印刷した場合の色味のチェックです)も承ります。


⑥修正・最終段階

微調整や色の変更、文字の変更等をして完成。


⑦印刷・出稿

再度校正してOKとなれば、データ納品または印刷完了後、必要部数を納品します。